お葬式の後のお香典返しまでが葬儀マナー

仏式の場合、お通夜、お葬式を終え、初七日、四十九日法要を終えると、最後に残っているのがお香典返しです。仏式の四十九日を忌明け法要日といい、喪に服する期間を終える日に当たります。神式の場合は五十日となります。忌明け法要後にお香典返しを行うわけですが、いつごろ、どのような考え方や予算で対応したらよいのか迷う人もいます。遺族の疲れもピークに達するころですが、故人の遺志を尊重して最後まで立派につとめることが供養になります。

時期については忌明け法要を執り行った後、およそ2週間以内をめどにしてお届けするのが一般的です。現在では専門の業者がいますので、お葬式の前後に遺族で話し合って希望や予算を伝え、送付先リストなど必要な資料を渡しておきます。あとは業者が忌明け法要日に発送してくれます。最近はお葬式の当日に会葬者にお渡しする当日返しも多くなっています。この場合はお葬式の前にすべての手配を終えておく必要があります。当日返しをしたのであれば忌明け法要後のお香典返しは不要です。

ただ、勘違いしないようにしなければいけないのは、お葬式の参列者全員にお渡しする会葬御礼とお香典返しは別物であるということです。会葬御礼は通夜やお葬式に来ていただいた弔問客に対するお礼の印として礼状とともにお渡しするもので、宗派によっては清めの塩を添えることもあります。

これに対し、お香典返しはお葬式の際に香典をいただいた方に香典への御礼の意味を込めてお渡しするもので、会葬御礼とは別物です。これを勘違いしてお香典返しを怠ると礼を失することになるので注意が必要です。